1. HOME
  2. タレント
  3. (株)コンパス・ポイント 代表取締役 高久多美男
タレント

(株)コンパス・ポイント 代表取締役 高久多美男

タレント, 経営者

5

あらゆる物事に近道はない。 「文化」は、回り道をしてでもつくるもの。-高久 多美男さん

高久 多美男さん

今回のインタビューのお客さまは、誇りある日本人のための志誌「Japanist」の編集長兼発行人であり、広告制作会社 株式会社コンパス・ポイント代表取締役、高久多美男さんです。 『一点の曇りもない、志高き雑誌がひとつくらいあってもいいじゃないか。』という骨太キャッチコピーの「Japanist」が、今なぜ、これだけ多くの人々から注目されるのか。創刊された理由やこの媒体の特徴及び志など、その背景にある高久さんの生き方や人生哲学などをお聞きしました。 ※インタビュー場所:高久さんたちが「ジャパニストの集い」を開催している「神楽サロン」(新宿区市谷田町)にて。

高久 多美男さん/株式会社コンパス・ポイント 代表取締役

1959年、栃木県生まれ。1987年、広告企画・制作を営むコンパス・ポイント・デザイン・スタジオを創業。1988年、株式会社コンパスポイントを設立。2002年2月、月刊誌「fooga」を創刊。2009年4月、「Japanist」を創刊。毎号、人間を深く掘り下げたクオリティの高いコンテンツを提供。著作に「なにゆえ仕事は、これほど楽しいのか」「多樂スパイラル」「魂の伝承 —アラン・シャペルの弟子たち」(ともにフーガブックス)などがある。

広告制作会社からのスタート―一貫してクオリティにこだわり、厳しい広告業界の中25年間、赤字は一度だけ。
どのような経緯で「Japanist」を出版されるに至ったのでしょうか。

私は若い頃に何度かの転職を繰り返した後、27歳のときに広告の企画・制作の仕事を始めました。1987年のことです。それまで仕事は生活の糧を得るために惰性でやっていましたが、180度変わってしまったのです。当時は広告に文化性が求められた時代、これほど自分に合っている仕事はないと感じました。とにかく仕事が好きになったので、どんどんそのスキルやノウハウが向上していきます。するとお客さまから感謝され、より一層仕事が好きになる。そんなプラス のスパイラル(好循環)の中で仕事をしていました。「今、流行っているもの」を提案するのではなく、常に「その企業らしい情報発信」を心がけました。全体が見える仕事を大切にしたかったことから、デザインだけの下請けはやらず、クライアントからの直請けを原則としました。仕事が嫌いだと上達しないという自分の体験から、社内も分業にせず、極力、仕事のアタ マから最後まで携われるようにしました。分業はたしかに効率的ですが、社員の一人ひとりがお客様との感謝の関係を築くことは難しいと想います。感謝の関係を築けなければ、仕事を好きになることもできないと思います。また、業界には接待の慣習がありましたが、どうしても肌に合わず一切接待は行わない方針を貫 きました。ある意味、自分がやりたいスタイルを通したのですが、バブル崩壊後に同業者が次々と倒産していく中、私の会社は業績を落とすことなく、むしろその後のほうが売上げ的にも伸びたほどでした。全力で走り続け、40歳を過ぎたあたりで、「このままこの仕事を、やり続けてよいのだろうか?」という疑問がふと浮かびました。同時に、小さい頃から本が大好きで、物書きになりたいという夢を思い出しました。

―経営されていた広告制作会社を最盛期にいったん閉め、新たな会社を立ち上げたのは、どのような理由があったのですか。

仕事では、広告のコピーや文章を書いていて、それはそれで好きな分野ではありましたが、私が本当にしたかったのは、自分なりの創作だったのです。どうしてもその夢にチャレンジしたいという思いが日々膨らんでいきました。一年間悩み考え抜いた末、2001年8月に会社を一度清算することにしました。つまり、会社の最盛期に自らの手ですべてをゼロに、翌日、株式会社コンパス・ポイントという新しい会社を設立したのです。
新会社では数人の幹部スタッフに株を分配し、成功報酬のオプションをたくさん設けました。一方で私の役割と給与を減らし、自由な時間をもらうことにしまし た。午前中は家で原稿を書き、午後から出社し夕方には退社、その後は再び原稿を書く時間にあてました。5年以内に作家デビューすることを目標にし、念願の 夢に向かってスタートを切ったのです。
ところが、その約半年後、ある方から地元で30年以上続いている「うつのみや」という地方誌の編集をやってほしいという依頼が舞い込んできました。その雑誌の編集を行っていた会社が経営難に陥ってしまったのです。私はそれまでにも編集の仕事をした経験があり、その大変さも分かっていました。何よりも、ようやく得た自分の時間が少なくなるのは不本意なので、すぐに断ろうと考えていました。

―地方誌を引き継ぎ、新たな雑誌「fooga」を発行されました。雑誌の編集に注力されたきっかけについてお聞きかせください

長年、企画・制作をなりわいとしてきた者の性でしょうか。断ろうと思っている一方で、「こんな雑誌をつくったら、面白いんじゃないか」と考えて始めている 自分がいるのです。気がついたら一週間くらいで全体の構想やコンテンツが固まりました。結局、2001年の12月上旬に依頼がきて、その月の20日頃には 引き受ける返事をしていました(笑)。とにかく、この雑誌には私が今やりたいことをすべて盛り込もう。それで儲からなくてもいい、他ではできないことを実現しようと。自分の創作意欲を満たす雑 誌をつくろうと決心したのです。こうして翌2002年1月、月刊「fooga」を新創刊、その後8年にわたり92号まで発行しました。当初は宇都宮を中心とした地域に限定していましたが、紹介や口コミで県外にも読者が増えていきました。おかげで「自分の時間を増やす」という夢は、また先送りになってしまい ました(笑)。当時も今も、私が興味あるのは人間です。人間には表と裏の部分、光と影があるからこそ面白い。人間は自分勝手な生き物ですが、一方ではとても崇高な面も持 ち合わせています。その後者の面を可能な限りフォーカスして掘り下げていく「fooga」の誌面づくりは、そんな私の人間観を根底に置きながら構築して いったものです。こうした主旨は、言うまでもなく現在の「Japanist」にも確実に受け継がれています。

―地域発信型の「fooga」から、誇りある日本人のための「Japanist」へ。

img_01_04

中田宏さんとの出会いも含めて、その創刊理由を教えてください。2007年、「fooga」の取材で当時横浜市長だった中田宏さんにお話を聞く機会を得ました。私は政治家になるつもりはありませんが、政治そのものには大いに関心があります。その国の政治がしっかりと機能していなければ、経済も文化も生活も豊かになることはあり得ません。ところが、なんで日本の政治はこ んなにも酷いのだろうと、以前から忸怩(じくじ)たる思いを抱えており、そんなときに中田さんの著作と出会い、この人には他の政治家とは違うものがあると感じたのです。どんな問いにも、短い言葉でスパッと言い切る潔さ。「ぜひ、この人に会って取材をしてみたい」という思いが募りました。その後、実際に取材 をすることができ初対面でいきなり意気投合。中田さんを通じて、日本創新党党首で前杉並区長の山田宏さんとも出会うことができました。あるとき中田さんと話をしていて「みんな日本という国に生まれ育っているのに、日本のことあまりにも知らないよね」という話題になりました。そして自分も含め、日本人が日本の本質を知ることは急務だと気づかされました。では、そのための媒体をつくろう。それが「Japanist」の出発点でした。ジャパニスト株式会社を立ち上げ、中田氏をコーディネーターに立てました。お陰様で熱心な愛読者が増え、「Japanist」は創刊4年目を迎えるに至っていま す。

他者を考えること、社会を考えること―人物のセレクション、そして記事や誌面づくりなど
「Japanist」のコンセプト、編集者としてこだわっている部分は何ですか。

img_01_04

黒澤明監督の映画「醜聞」に、こんなセリフがあります。「大丈夫。記事なんて少しデタラメでも、活字になりゃ世間が信用するよ」。残念ながら人間には「幸 福な人間が不幸になっていく様子を見るのが楽しい」という性質があります。他人の不幸は蜜の味ということですよね。だからこそ週刊誌をはじめ、多くのメディアは他人の誹謗中傷や下世話なネタを執拗に掲載する。その方が売れるからです。私は「Japanist」を、これらのものとは正反対のメディアとして位置づけています。
すぐに採算が合いそうもない雑誌を社員全員で手がけるわけにはいきません。創刊から1年間は私一人で、2年目以降は一名のスタッフを加えた二人で、企画・取材・原稿・デザインなど全編集業務を行っています。アタマから最後まで自分が手がけるというのは大変なことですが、その雑誌のコンセプトを貫くにはこれが最善の方法であると信じています。
50歳になって初めて人生の師を得、私はある使命に気づかされました。それは「世の中にとっていい人、いい組織、いい動きなどを、自分なりの価値観で選択 し、自分なりの方法で表現し、より多くの人たちに伝えること」です。それを実現するために、これまでデザイン力や文章力を磨き、ネットワークを構築してき たのだと思いました。心がけていることは、主観と客観のバランスを大切にすること、説明だけに終始しない、表現する記事づくりを行うこと、そして過剰なデコレーションを避けたシンプルで美しい誌面づくりに努めることです。

―すでに、文化人をはじめ多くの方々が賛同されています。いま現在の「Japanist」の読者層などについて教えてください。

いわゆるマーケティング的な見地からのターゲット、年齢や職業、性別や年収などの一般的な分類はまったく考えていません。「Japanist」はそのような考え方から生まれた媒体ではないからです。あえて、どのような人に購読者になってほしいのかと聞かれたら、次のように答えています。私が想定しているのは、「その人の社会に対する意識の高さ」、その1点であると。
社会というものを考えてみてください。自分以外はみんな他人です。そんな他人である自分以外の人のことを、どれだけ真剣に考え抜くことができるでしょうか。他人のことを考えられるということは、社会に対して意識が高いということです。私は、「Japanist」の読者を、社会に対して意識の高い人と想定しています。数年前まで「一億総中流」と言われた日本人でしたが、今、急速に格差が広がっています。その源は「社会に対して意識が高いか低いか」だと思っています。言い換えれば、「自分のことしか考えていないか、世の中のことも考えられるか」。
「Japanist」は今後も社会に対して意識の高い人たちに向けて、よりよい情報をどんどん発信していきます。また、この雑誌は続けていくこと自体に、大きな意義があるとも考えています。大手出版社でも雑誌の継続発行が難しい時代の中で、独自の方法を貫きながら確実に読者を集めている媒体がある。そんな一つの事例になることも、「Japanist」の役割ではないかと思っています。

日本を知り、世界の異なる文化も理解する。―編集者として、あるいは人間としてでも結構です。
日々どのようなことを考え、大切になさっているのでしょうか。

あるものを得るには、時間がかかります。たとえば、本当の喜びを味わうには、さまざまなハードルがあるはずです。だからこそ、得られた喜びを真の喜びとして実感できるのです。ところが今は、何でもかんでもコンビニエンス、ショートカットで獲得するという風潮が蔓延しています。巷に溢れる自己啓発セミナーや自己啓発本なども、まったく同じです。自分を高めるという意味では批判されるものではありませんが、私には手っ取り早く成果を得ようとする行為にしか映りません。そんなお手軽かつ簡単な方法 で、本当に大切なことは見つからないと私は思っています。何度も回り道をして、それこそ山の向こう側まで行ったり来たりしながら山頂に昇るぐらいの覚悟で なければ、ものごとの本質は見えてこないでしょう。大切な根っこの部分を見つめないと、すぐに元に戻ってしまう。根っこというのは、歴史、文化、芸術、思 想、哲学、死生観、人間観などです。途中で失敗をしたり、人と意見が食い違ったり、あるいは少し上手くいって有頂天になって挫折したり…。さまざまなことを経験して行く中で、自分の得意なことや不得意なことを知り、経験を積み重ねていく。そのプロセスの中で、琴線のふれ合う人との出会いがあるはずです。それらが、確かなネットワークになっていく。この「神楽坂サロン」で開催している「ジャパニストの集い」も、そんな考え方から生まれたものです。紙媒体としての「Japanist」はネット空間やリアル空間へと広げていく接着剤であり、拡散器でもあるのです。

「Japanist」という媒体を通じて、「どのような人たちに、何をメッセージしていきたい」とお考えでしょうか。

「Japanist」は“自分が日本人であることに誇りを持つ”ことを目的として発行している媒体です。一人ひとりが誇りを持つためには、その根拠が必要 となります。たとえば正しい日本史を知ることや、日本人独自の感性やセンスを知ることもあるでしょう。あるいは日本人としての生き方を全うすることかも知 れません。私はアプローチの仕方は、できるだけ多いほうがいいと考えています。たとえどの国に行っても、胸を張って自分が日本人であること表明できる。これも「Japanist」です。そういう人が数多く存在する社会は、今よりも素敵な社会になると思います。そして日本のよい面を理解し、他国のよさもきちんと認める。異なる文化も柔軟に受け入れて、新しい価値観を創造していく。私たち日本人には、それができるはずだと信じています。
私個人としては先に述べたように、自分の表現=物語を書き上げたいと考えています。人間の持つ深さ、その多面的な世界の一面でも描き切った物語を編みたい。私にとってはそれを表現することが重要であり、極端に言えば、どういう形にするかとか、それがどういう結果を生み出すかということはさほど重視してはいません。最後は究極の自己満足でいい。そのためにこれからも学ぶ姿勢を持ち続け、さまざまな経験を積み重ねていきたいと考えています。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA